トップ

胸が授乳後に変形してしまう理由とは

女性は、いくつになっても綺麗でいたいという願望があります。年齢を重ねるとプロポーションを保つことに難しさを感じることが多々ありますね。その中でも、女性のシンボルともいえる胸に悩みを抱える人は多いでしょう。特に出産した後、垂れて小さくなってしまった胸にコンプレックスを感じていませんか。

産後に胸が垂れてしまう理由は、女性ホルモンに大きく関係しています。妊娠をして女性ホルモンが体内で活発に働きます。通常の数十倍ともいわれる生殖腺刺激ホルモンが分泌されて、出産に備えた体が作られるのです。授乳が始まる出産に向けて乳腺発達し、数ヶ月の間で一気に大きくなります。急に膨らみ始めた胸に合わせて、皮膚も伸びきってしまいます。

授乳中は絶えずおっぱいを作ろうとして、発達した乳腺組織が活性した状態が続きます。そして、授乳が終われば徐々に乳腺が縮んでいきます。それまで絶えずおっぱいを作るために張っていた胸は、徐々にハリを失って乳腺細胞も減少します。これが授乳後に起こるバストの垂れの原因です。授乳中は赤ちゃんが強い力で吸いつきますので、乳房が引っ張られることも垂れの原因となりえます。

授乳する前の元のサイズに戻ろうと体が反応しますが、胸の脂肪の量は授乳中に減ってしまいます。そして、伸びきった皮膚はそのまま戻る事はありません。元からバストが大きかった人は、産後のバストの垂れ具合がひどくなると言われています。鎖骨下のデコルテ部分にハリが無くなってしまうのも同じ理由です。

また、バストラインが崩れるのが嫌でミルク派にするという女性もいますが、ホルモンバランスの変化は妊娠から出産の間は同じように体内で起こりますので、ミルク派の人も少なからずバストの垂れは起こります。

Copyright © 産後授乳後に胸が垂れる理由. All rights reserved.