トップ / 産後の垂れた胸は食事で改善

内側から垂れ乳を改善する方法

出産した後に垂れてしまった胸を元通りにするために、マッサージと合わせて食事にも気を使いましょう。栄養のバランスがいい食事をしてバストの改善だけではなく、体の健康維持にも努めると、ボディライン全体に変化が期待できます。

しぼんで垂れたバストにボリュームをもたせる為には、良質な栄養素を含んだ食事を摂取するのが効果的で、特にビタミン類は必須です。中でもビタミンEは女性ホルモンに効き、細胞の酸化を抑える働きがあります。へーゼルナッツやアーモンド、落花生などの豆類や、イソフラボン含有で知られる大豆は、積極的に摂取したい栄養源です。

ボリューム維持のためにはビタミンB類が欠かせません。酵素を多く含むビタミンB2は、胸のハリと弾力に効果がありますので、チーズやレバー、焼のりなどを食事に取り入れるとよいでしょう。組織を活性して、皮膚組織を強くする栄養素としても知られていますので、伸びて垂れた胸の皮膚を強くしてハリある素肌を作ることができます。

体の中で女性ホルモンを活性化するためによいと言われる成分が「ボロン」です。キャベツをたくさん食べるとバストアップにつながると言う噂を聞いたことがありませんか。これは、ボロンという物質がキャベツに多く含まれているせいで、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化する働きがあるためです。同じように、ワカメや昆布などの海藻類、リンゴにも、このボロンが含まれています。

また、チョコレートやバナナ、ヨーグルトやレーズンなど、食事以外のおやつとしてもうれしい食べ物には女性ホルモンが多く含まれます。食事制限のストレスは、女性ホルモン分泌の大敵です。上手に間食として、このような食材を取り入れていくことも、産後のストレス軽減と合わせてバストアップにつながります。

Copyright © 産後授乳後に胸が垂れる理由. All rights reserved.