トップ / マッサージで改善できる場合も

産後の垂れた胸にはマッサージ

形が悪くなり、垂れた胸だと、それまできていた洋服を着てもしっくり来なかったり、胸の貧弱さが目立ってしまいます。ふっくらとしたまるみは無くなり、下に垂れさがった胸を見ると、赤ちゃんを出産するためとはいえ、どうにか妊娠する前のハリのある胸に戻す事はできないか・・・と思いますね。

女性の体のラインを際立たせてくれるのは、やはりツンと張った胸の曲線があってこそ。産後の垂れた胸は、セルフケアマッサージでよみがえらせることができますよ。垂れてしまった胸をケアするために、バスト用専門のクリームなどが販売されています。クリームを使う事で、余計な力をかけずになめらかなマッサージをすることができます。また、皮膚にハリを与えてくれるので、クリームや美容液を使うことでスキンケアにもなります。

手のひらを使って、まず背中から脇の下、そして乳房の下、鎖骨の中心部をなぞるようにして余分な脂肪を上げて寄せるようなイメージでマッサージします。背中に流れてしまった脂肪を胸に集めるように、てのひらで寄せましょう。バストの上からさらにデコルテ、首筋に引き上げるようにマッサージすると、リンパの流れも良くなり、効果が増します。

無理な力を掛けて脂肪を揺らすと効果が半減しますので、就寝時は適度にバストポジションを保つソフトブラなどを使用するとよいでしょう。妊娠中は無理な運動ができないまま、数ヶ月を過ごすので、体の筋力も落ちています。バストの垂れは、大胸筋が細くなってしまうことも原因の一つです。

大胸筋を鍛えるバストアップ運動を取り入れると胸のハリが改善されます。バストアップ運動の中には、寝ている赤ちゃんに向かって、顔を近づける、離す、を繰り返してあやしながら楽しく運動できるものもあります。合唱の形を正しく取って大胸筋を刺激したり、壁に向かって腕立て伏せをすると、デコルテから型の付け根部分の血流を良くして、バストアップにつながります。

Copyright © 産後授乳後に胸が垂れる理由. All rights reserved.